パラメーターの書き方:基本編

flamingoでは、PCサイトの要素を取得し最適化サイトに表示させることができます。
例えばPCサイトのimgファイルやテキスト、リンクなどもソースに挿入することが可能です。

取得する際には"XPath"、または"CSSセレクタ"で該当箇所を指定する必要があります。
(取得する際の記述方法は上記リンクよりご参照ください)
ここでは、パラメーターにどのように記述すればよいのか、基本をご紹介致します。

基本の書き方

変数名: { 記述方法: '取得箇所' }

上記が一つの要素を取得するための書き方です。
記述方法は、
XPathの場合    : xpath
CSSセレクタの場合 : selector
と指定してください。

取得箇所の部分に、それぞれマッピングしたい場所を記述します。

[例]

<html>
 <head>
  <title>flamingo XPathサンプル</title>
 </head>
 <body>
  <div id="main">
   <div class="clearfix">
    <p>サンプルテキスト01</p>
   </div>
   <div class="clearfix">
    <ul>
     <li>りんご</li>
     <li>みかん</li>
     <li>いちご</li>
    </ul>
   </div>
   <div>
    <ul>
     <li>いぬ</li>
     <li>ねこ</li>
    </ul>
   </dil>
   <p>サンプルテキスト02</p>
  </div>
 </body>
</html>


・『サンプルテキスト01』を取得したい場合

Xpath

sample: { xpath: '//div[@id="main"]/div[@class="clearfix"]/p' }

CSSセレクタ

sample: { selector: '#main .clearfix p' }

上記で『サンプルテキスト01』のテキストが取得できます。


・特殊なキー

上記で取得してきた『サンプルテキスト01』を<p></p>タグごと取得したい場合、
キーを付与することで取得することができます。

Xpath

sample: {
  xpath: '//div[@id="main"]/div[@class="clearfix"]/p',
  get: ['html']
}

CSSセレクタ

sample: {
 selector: '#main .clearfix p',
 get: ['html']
}

キーを付与した際の記述方法はXpath、CSSセレクタともに変わりません。
ちなみにgetの中には、html以外の属性値を記述することが可能です。
他、どのようなキーが使えるかはflamingoユーザーガイドをご覧ください。

ちなみに、キーを追加する際は上記のようにカンマの記述が必要です。
カンマがないとエラーになりますのでご注意ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk