Google Analyticsタグを挿入する方法

最適化サイトでもGoogleアナリティクス(以下GA)を動作させるためには、
最適化サイトにもタグを埋め込む必要があります。
何故埋め込まないといけないのか、どうすれば効率よく埋め込めるかをご紹介します。


1. 何故最適化サイトにも埋め込まなければいけないのか

PCページにアクセスした際、端末はflamingo.jsを読み込みます。
結果、PCのページが読み込まれる前に最適化サイトのページソースを読み込み、
最適化されたソースだけがスマホでは表示されます。
よって、この状態ではPCサイトに埋め込まれたGAタグは読み込まれていません。
スマホからのアクセス先は最適化サイトとなるので、
最適化サイトにも別途GAタグを埋め込む必要があります。


2. 埋め込むタグはPCと同じでいいのか

どのようなデータを計測したいかにもよりますが、基本は同じタグで問題ありません。
計測データはPCサイトのものと合算されますが、アクセス端末がPC、mobileとで分かれますので、
最適化サイトのデータを見たい際はmobileからのアクセスを見れば問題ありません。

ですが、PCサイトの一部ページのみを最適化している、という場合、
上記方法ですとスマホから最適化されていないページへのアクセスもデータに含まれてしまいます。
最適化サイトのアクセスデータだけを計測したい、という場合は、
最適化サイト用に別途GAタグを発行いただくのがよいかと思います。


3. Googleアナリティクスを埋め込むには

作成した最適化サイトのテンプレート、1ページずつ全てに埋め込む必要があります。
そんな時にオススメなのが、『スニペット』の機能です。

(共通パーツをスニペット化を参照)

GAタグをスニペット化することで、各ページへのタグ挿入が容易になります。

今後運用するページが増えた時も、スニペットを挿入するだけでGAを適応させることができます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk